AL 『NOW PLAYING』。6『とびましょう』

AL 『NOW PLAYING』 が発売されたのが、2018年1月17日。
下にリンクした日記を書いたのが1月16日。つまり発売日の前日に予約したアルバムがディスクユニオンから届きまして、なおかつ聴けたので衝動的に第一印象を書いてみたのがこれです。

 

hand-maid.hatenablog.com

 .

そして、この日記はその後に感じたことを書き溜めてみようと思い、記し始めました。その第3弾です。
相変わらず的外れなことも言ってるとは思いますがご容赦ください。
あと、たぶん全部はやらないです。『ハンアンコタ』とかは子供でもわかるような歌詞になっていて、かつ何も言うことないほど素敵なので。

 

 空は縮んでしまうんだ なぜだかわかるかい

 

でもね。ここが難しいです。物理でしょうか。全然わかりません。空って縮むんですね。
最近、スーパーで縮みほうれん草とか売ってますよね。あれ縮んでたほうが美味しいのでしょうか。ほうれん草が縮む理由は品種改良でしょうか。わからないことだらけ。それもいいのです。だから知りたい。
でも、縮むというのは縮みほうれん草的な縮み方ではなく、つまりとても高いつき抜けるような空「天高く馬肥ゆる秋」的な空と、雲があって低く感じる空の高低差のことかもですね。

 

キラキラは途絶えちゃう理由を知ってるかい

 

ここも「どうしてあの星だけ赤いのか知ってるかい」*1ベテルギウスを含め、様々な星々のことかな、
もしくは他人を見て「あいつキラキラしてたな」でも最近は・・。という客観視のことと思いました・・・が、新説を。

自分を自分で客観視してるブログです。

 

oyamadasohei.blogspot.jp

 

「夢先案内人」*2が流れたとき、頭のてっぺんにぐっと圧がかかったような感触の後、視界がぱーんと開けたような体験をした。
(省略)
そして最後には橋からジャンプして病院送りとなった。
あれは幸福な時間だった。今思うと、この時間がいつか終わってしまうんじゃないか?という不安がほんの少しだけあったようにも思う。
そしてその通り、今じゃ過去になってしまった。
マリオのスターみたいに一瞬だった。
あれはなんだったんだろうか。

 

マリオのスターみたくキラキラしてた、スポーツでいうとゾーンに入ってた10日間のブログですが、最終的に「一瞬だった。あれはなんだったんだろうか」と言ってしまう本人しかわからない時間の経過の感覚が最高です。*3

子供のころ公園で遊んでるときって楽しいとあっという間に時間が過ぎていきますが、この時の小山田さんはそういうのに似た感覚が10日間続いたのかなと思います。自分は大人になってからそういうのは全くないです!
この飛んだ日のブログを書いた数日後かな、谷口貴洋さんのツイキャスで「こんなブログ書いてたよ」みたいな話になって、長澤さんが爆笑しながら「バカじゃん(別訳:最高)」と言ってた記憶があります。
ということでこの飛んだ日ですね。*4
つまりはキラキラが途絶えちゃう理由はジャンプしたから・・・!?
ということで次の話にとびます。

 

M1 会いにいくよ
M2 NOW PLAYING

 

hand-maid.hatenablog.com

 

M3 ショートナイト
M4ドリーマー
M5 ウォータースライダー
M6 とびましょう

 

とびましょう、飛びましょう、跳びましょう、トビましょう。どこまでも。

 

窓に見える金木犀に「おはよう」とつぶやく君
空の果てで君に名をつけてもらいたがってる星

 

金木犀という、金星と木星を足したような名前*5の植物と、
名をつけてもらいたがってる星、つまり、まだ人間に見つかっていない星。
の対比がお気に入りです。長澤さんの最後、呂律が回ってない感じもとんでるみたいで好いですね。しかも「空の果てで」でささやくような声からの、なので。この辺の声色の使い分けは長澤知之の真骨頂です。

 

親戚のおばちゃんからもらった小遣いを持って河川敷を
走れ 走れ 走れよ

 

曲中、2回繰り返されるこの歌詞。めちゃめちゃ面白いんですが、「走れ」は誰目線、どの目線の言葉なんでしょうか。
「親戚のおばちゃんからもらった~」というので、おばちゃんが「走れ」と言ってるわけではないのはわかります。なので客観的に子供を見た身内ではなく、他人の大人の目線でしょう。
子供たるものこうあれば最高!面白い!みたいな。

小遣いを持って走る、という行為から推測できることは、たぶんもらったお金は銭ひとつ。
お金持ちのおばちゃんなら500円玉。今のご時世10円てことは駄菓子一つ買えないので、50円玉か100円玉。
なんで小銭ひとつって決めるのかというと、走るとポケットに入ったお金がチャラチャラなるからです。そんな子供なんかいやです。
それに握りしめるとお金が気になって走れないんですよね。全力で腕振ったときに握力が弱まると落としちゃうんで。あと、段ボールのソリとかでも遊びたいので、やはりポケットに50円玉が定説ですね。これ以外ないです。
河川敷には2人組のジョギングする外国人女性。それを横目に走ってる姿が目に浮かびます。癖の強そうな長髪の先生も歩いています。その横を子供が走ります。
中学生がソーラン節を練習しています。その横を子供が50円玉をポケットに入れて走ります。なんかさっきの先生がクラスの学年と組の名前を叫んでますね。うわその先生の名前を叫びながら生徒たちがその先生を取り囲んでますね。客観的にみるとこの光景すごいです。ぶっとんでますね。
その横で、河川敷を全力で走れ走れ走れよ!

 

君に似合う服を選ぶ日曜日の昼下がりに

 

ここは小山田さんの歌詞です。
『ゆりかご』*6という未発表曲にも「昼下がりに君の服を選んだ」とあります。
雑誌『Talking Rock』のインタビューでこの歌詞が好きだと言っていました。こういう過去作からの引用も、このタイミングで、作品と作品を飛び越えて出てきたかと楽しいです。

M7 丘の上の記憶
M8 輝く飛行船
M9 LOVE ME
M10青い泡沫 白い光

 

hand-maid.hatenablog.com

 

M11ハンアンコタ
M12地上の天国なソングライターの歌

 

 

 

 

 

*1:宇宙の図鑑によると、表面温度が低いからです

*2:本文:夢前案内人

*3:ブログなのでそんな真剣にみられても困る、と思います。ごめんなさい

*4:飛んだ日の深夜、長澤さんの今はなきブログの記事を読みましたがそれはまた別の話(全然覚えてないです

*5:原種のギンモクセイが白い花をつけるのに対し、橙黄色の花をつけるからこれはキンモクセイ、という由来だそうです。

*6:名曲。youtubeにあるので貼りませんが聴けます。